レスコ・コンサルティング、新型コンクリブロックをDSEIで発表

セメントや工具を使わずに組み立て・固定が可能な「レスコ・プロテクティブ・ブロック」

 

オーストリアのレスコ・コンサルティングはDSEIの会場で、セメントなどを使用せずに固定できるコンクリート製ブロック「レスコ・プロテクティブ・ブロック」を発表した。

コンクリート製のレスコ・プロテクティブ・ブロックは横幅33cm、奥行き16.5cm、高さ15cmで、重量は18kg。左右前後上下にブロック同士を組み合わせるためのジョイント部があり、セメントなどで固定する必要が無い。組み立てには道具を必要とせず、構造物を短時間で組み上げることが可能となっており、高い強度も確保されている。

レスコ・コンサルティングは本製品の用途として、チェックポイント、監視所、壁、ロードブロック、バンカー、宿舎、車輌防止用ロードブロックなどを挙げている。