エアバス、カザフスタンからA400M輸送機を受注

(画像:Airbus)

エアバスは9月1日、カザフスタンからA400M戦術輸送機2機を受注したと発表した。A400Mは2021年9月の時点でドイツ、フランス、イギリス、スペイン、トルコ、ベルギー、マレーシア、ルクセンブルクの各空軍に採用されており、カザフスタン空軍は9番目のA400Mオペレーターとなる。

契約にはメンテナンスやトレーニングのサポートが含まれており、初号機の納入は2024年を予定している。また本契約の締結と同時にエアバスとカザフスタン政府は、カザフスタンにC295輸送機のメンテナンスセンターを設置することに関する覚書に署名している。

エアバス・ディフェンス・アンド・スペースのマイケル・シェルホーンCEOは、「A400Mは、カザフスタンの戦術的・戦略的な空輸活動の礎となるでしょう。今回の新たな輸出契約により、A400Mの総受注機数は176機となり、今後も増加することが予想されます。100機以上の納入実績と10万飛行時間の運用実績により、A400Mはその能力を証明し、多くの潜在的な顧客が待ち望んでいた成熟した状態に達しています」と述べている。