BAEシステムズ、ロッキード・マーティンからF-35用電子戦システムを追加受注

(画像:BAEシステムズ)

BAEシステムズは6月28日、F-35 ライトニングⅡ 向けのAN/ASQ-239電子戦システムと改造キット、予備部品の供給契約を、ロッキード・マーティンとの間で締結したと発表した。

AN/ASQ-239はF-22に採用された電子戦システムをベースに開発された、デジタル式赤外線/レーダー波受信システムをコアとする電子戦システムで、開発と製造を担当するBAEシステムズは、これまでに800シップセットをオンタイムでロッキード・マーティンに供給してきた。

同社はAN/ASQ-239プログラムの開始から現在までに、77%のコスト削減を実現しており、リーズナブルな価格とするための目標をすべて達成している。

今回の契約はF-35のLRIP(低率初期生産)ロット16分で、BAEシステムズは現在、アメリカのニューハンプシャー州ナシュアの製造施設で月間⒙シップセットのAN/ASQ-239を生産しているが、2022年には20シップセット以上に増産する計画を進めている。