MRJの飛行試験初号機がロールアウト

ロールアウト式典で初めて公開されたMRJの飛行試験初号機

ロールアウト式典で初めて公開されたMRJの飛行試験初号機

 

10月18日、愛知県の三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所 小牧南工場で、同社の子会社である三菱航空機が開発を進めているリージョナルジェット旅客機「MRJ」(Mitsubishi Regional Jet)の飛行試験初号機のロールアウト式典が行なわれた。

式典には、西村明宏国土交通副大臣、丹羽秀樹文部科学副大臣、黒田篤郎経済産業省製造産業局長およびANAホールディングス株式会社伊東信一郎代表取締役社長など多数の来賓が列席、三菱重工業、三菱航空機からは大宮英明取締役会長、川井昭陽取締役社長ほか幹部が出席した。

式典で三菱重工業の大宮会長は、「最高レベルの運航経済性と客室快適性を兼ね備えた世界に誇れるMade in Japan の製品が、ようやく夢から現実へと姿を変えようとしている。私は自信を持ってこのMRJを世界に送り出せることを誇りに思う」と、長期に渡る開発の節目を迎えた感慨を語った。

今回ロールアウトした飛行試験初号機は2015年4~6月の初飛行を予定しており、試験や型式証明の取得などが順調に進めば、2017年にローンチカスタマーであるANAへの量産初号機が引き渡される。

今回ロールアウトしたのは90席クラスのMRJ90と呼ばれるタイプの飛行試験初号機で、三菱航空機はMRJ90よりも座席数の少ない、70席クラスのMRJ70の設計に着手しているほか、海外のカスタマーからの要望の多い、100席クラスのタイプの開発についても、前向きに検討してゆく意向を示している。