KMWとミルレム・ロボティクス、戦略的協力協定を締結

(写真:Milrem Robotics)

5月31日、エストニアのミルレム・ロボティクスとドイツのクラウス・マッファイ・ヴェクマン(KMW)が戦略的協力協定を締結したと発表した。

ミルレム・ロボティクスは今後も独立した企業として存続し、KMWはミルレム・ロボティクスの株式の24.9%を取得。両社は有人システムと無人システムが相互に連携する、将来の軍事ミッションの要件を充たソリューションを共同して開発する。

ミルレム・ロボティクスのUGV「THeMIS」

KMWのホルスト・リーデルCEOは「陸上システムのヨーロッパのマーケットリーダーである弊社と、陸上無人システムのヨーロッパのマーケットリーダーであるミルレム・ロボティクスは適合性が高く、我々のコラボレーションは、防衛産業の将来に影響を与える革新的なソリューションを与えてくれるものです。またKMWとフランスのネクスターとの合弁企業KNDI(KMW+ネクスターディフェンス・システムズ)とのシナジー効果も期待できます」とのコメントを発表している。