エアバス・ヘリコプターズH160、国土交通省から型式証明を取得

2021年1月に初飛行したオールニッポンヘリコプターのH160(写真:Airbus Helicopters)

エアバス・ヘリコプターズは5月18日、同社の次世代多用途機 H160 が国土交通省航空局からか型式証明を取得したと発表した。

エアバス・ヘリコプターズはオールニッポンヘリコプターからH160 1機を報道用機として受注しており、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは神戸事業所でH160の整備士の訓練を開始。H160 ヘリオニクス・トレーナー(HATS)も導入して、H160 日本初号機の運用開始に向けた準備を進めている。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのギヨム・ルプランスCEO兼社長は。「国土交通省航空局から H160 の型式証明を取得でき、誠に光栄に存じます。今年初め、H160 日本初号機がフランスにて初飛行に成功しました。このたびの認証は、同機の国内就航への道を開きます。フランスと日本のエアバス・ヘリコプターズのチームが、航空局による審査において迅速に連携し、最も高い安全基準に適合していることを証明しました。COVID-19 による影響や課題を乗り越えながら、同機の型式証明をご発行くださいました航空局皆さまのご信頼とご尽力に感謝いたします。H160 日本初号機の納入を心待ちにしております」とのコメントを発表している。