岩田陸上幕僚長がAUSAに参加

AUSAに参加する岩田清文陸上幕僚長(写真:防衛省)

AUSAに参加する岩田清文陸上幕僚長(写真:防衛省)

 

陸上自衛隊は岩田清文陸上幕僚長が、10月13~15日にワシントンDCのワシントン・コンベンション・センターで開催される、AUSA(アメリカ陸軍協会)主催の年次総会に参加すると発表した。

岩田幕僚長はアメリカ陸軍主要将官などとの懇談、フォーラムにおける講演、最新陸上装備の視察など行なう予定となっており、廣恵情報・通信研究科長など他4名が同行する。

AUSAはアメリカ陸軍及び陸軍軍人の利益増進を図ることで、国家の安全を支援するために1950年に設立された非営利団体。年次総会では見本市も開催され、ロッキードマーチンやレイセオンなど大手を含む多くの防衛関連企業が出展し、北米最大規模の軍事見本市となっている。このため各国の陸軍参謀長、国防政策担当者など政府高官が招待されているが、陸上幕僚長が参加するのは初めてのことで、この種の軍事見本市に参加すること自体も初となる。

防衛省は来年にロンドンで開催される軍事見本市に出展も計画しており、今後防衛省、自衛隊の情報収集、技術交流などを目的にこの種の見本市やコンファレンスに対する代表団の派遣や視察が増加すると見られる。