エアバス、技術実証用ヘリ「フライトラボ」への自律飛行技術を導入を発表

(画像:Airbus)

エアバスは4月26日、同社の子会社であるAiubus UP Nextが進めている「Vertex」プロジェクトを通じて、技術実証用ヘリコプター「フライトラボ」へ、自律飛行技術を導入すると発表した

フライトラボには状況認識と障害物検知のためのビジョンベースのセンサーとアルゴリズム、自動操縦を強化するためのフライ・バイ・ワイヤ、そして飛行中の監視と制御のためのタッチスクリーンとヘッドウェア・ディスプレイによる高度なヒューマン・マシン・インターフェースが組み込まれる予定で、2023年のデモンストレーションに向けて、段階的な組み込み作業が開始されている。

エアバスはこれらの技術を組み合わせることにより、 ナビゲーションやルートの準備、自動離着陸、事前に設定した飛行経路の遵守などを管理できるシステムが実現すると述べている。

このプロジェクトはヘリコプターのミッションの準備と管理を簡素化することで、パイロットの作業負荷を軽減し、さらに安全性を高めることを目的としたものだが、エアバスはこれらの技術によって、同社のアーバン・エア・モビリティこの技術の恩恵を受けることになると述べている。