ラインメタル、米陸軍の新戦闘車輌「OMFV」開発でL3ハリスとチーム契約を締結

(画像:Rheinmetall)

ラインメタルは4月14日、同社のアメリカ法人アメリカン・ラインメタル・ビークルとL3ハリス・テクノロジーズが、アメリカ陸軍のM2ブラッドレー歩兵戦闘車を後継する戦闘車輌「OMFV」を共同で開発するためのチーム契約を締結したと発表した。

ラインメタルはOMFVに同社が開発した歩兵戦闘車「リンクス」を提案する方針を明らかにしており、L3ハリス・テクノロジーズはミッションシステム、サイバーセキュリティと、クロスドメインでの共通化と容易で安価なアップグレードを可能にする、モジュール式オープンシステムアプローチ(MOSA)を提供する。

アメリカン・ラインメタル・ビークルズでマネージング・ディレクターを務めるマシュー・ワーニック氏は、「アメリカ陸軍のOMFVプログラムをサポートするために、L3ハリス・テクノロジーズが我々のチームに加わることを嬉しく思っています。L3ハリス・テクノロジーズが持つオープンアーキテクチャ、通信、サイバーセキュリティに関する経験は、アメリカン・ラインメタル・ビークルのチームに多大な能力をもたらします」とのコメントを発表している。