BAEシステムズ、ボーイングから米空軍F-15用統合電子戦システム「EPAWSS」の低率初期生産を受注

「EPAWSS」の搭載が予定されているアメリカ空軍のF-15E(写真:BAE SYSTEMS)

BAEシステムズは3月2日、ボーイングからアメリカ空軍のF-15に搭載される統合自己防御システム「EPAWSS」(Eagle Passive Active Warning Survivabilitey System)の低率初期生産分の契約を5,800万アメリカドル(約60億ドル)で受注したと発表した。

EPAWSSは複数波長センサーと電力妨害、先進的な信号処理、マイクロエレクトロニクス、完全統合型レーダー警報、条件認識、地理位置情報、自己防衛機能等を組み合わせた高度な機能を提供できる、インテリジェントアルゴリズムを備えた、360度全周警戒が可能な完全デジタル式の自己防御システム。

作戦中のパイロット状況認識力の向上と、電子妨害や欺瞞妨害の有効性の向上によって、従来型のF-15の統合自己防御システム「TEWS」(Tactical Electoronic Warfare System)に比べて高い生存性を実現している。

BAEシステムズはEPAWSSに技術製造実証(EMD)期間を通じて、最新の地理位置情報や脅威特定能力といった差分アップデートをEPAWSSのソフトウェアに加えており、同社はその結果、地上及び飛行試験においても、アメリカ空軍統合実証及び応用研究所(IDAL)で行なわれた高密信号環境下で行われたHiTL試験においても、継続的にシステム性能の向上を見ることができたと述べている。

EPAWSSの開発と製造はアメリカ国内で行なわれており、BAEシステムズは電子戦実験室と工場に1億ドル超(約105億円)を投資し、革新的で使命達成に注力する専門能力を備えた社員を拡充している。