エアバスのA320neoが初飛行

初飛行を行なったA320neo(写真:Airbus)

初飛行を行なったA320neo(写真:Airbus)

エアバスは9月25日、同社が開発を進めているA320の次世代型A320neoが、約2時間30分の初飛行に成功したと発表した。

プラット&ホイットニー社製PW1100G-JMエンジンを搭載したA320neoは、離陸重量60トンでトゥールーズから飛び立ち、南フランス上空を飛行した。飛行中はフライト・エンベロープやシステムの動作が検証された。なおテスト中のデータはリアルタイムで地上に送信されモニターされている。

今後はプラット&ホイットニー社製PW1100G-JMエンジン装備の機体とCFMインターナショナル社製LEAP-1A エンジン装備の機体、合計8機の機体を利用して約3,000時間の飛行テストが行われる。A320neoファミリーのなかではプラット&ホイットニー社製PW1100G-JMエンジン装備の機体が最初に型式証明を取得し、2015年第4四半期(10月~12月)に初号機がカタール航空に引き渡される予定となっている。

A320neoは、A319neo(160座席)、A320neo(189座席)、A321neo(240座席)の3機種で構成され、。これまでにANA(全日本空輸)を含む60社から3,200機以上もの受注を獲得し、市場占有率は60%に達する。