ボーイング、航空自衛隊向けKC-46A初号機の動画を公開

塗装を終えた航空自衛隊向けKC-46Aの初号機(画像:Boeing)

ボーイングは9月18日、同社の防衛部門のTwitterアカウント(https://twitter.com/boeingdefense)で、航空自衛隊が導入するKC-46A空中給油・輸送機の初号機の動画を公開した。

航空自衛隊のKC-46A初号機は2019年から最終組み立てが開始されており、航空自衛隊美保基地への配備が予定されている。

中国四国防衛局は2020年9月3日に美保基地の地元自治体に対して、2021年6月の配備に向けた協議の申し入れを行なっており、NHKは9月16日に中国四国防衛局の鍋田克己企画部長が美保基地に隣接する米子市の市議会に対して、2021年6月にKC-46Aの展示飛行と騒音測定などを行なう方針を明らかにしたと報じている。