ノースロップ・グラマン、「ファイアーバード」のミッション能力確認飛行を実施

30時間以上の滞空能力を持つ「ファイアーバード」(写真:Northrop Grumman)

ノースロップ・グラマンは7月14日、同社の有人運用も可能なUAV(無人航空機)「ファイヤーバード」に、ミッション能力確認飛行を完了したと発表した。

4日間に渡って行われた飛行でファイヤーバードは、広域監視、生活パターンのモニター、ルート啓開、捜索 救難、高価値対象の追跡、人質の救出、火災のホットスポットの検出など、活動を含むいくつかのデータ収集ミッションを実証。ファイヤーバード・チームは、昼夜の100%運用を維 持しつつ、10 時間以上の有人飛行を4回実施した。

この確認飛行にはオーバーウォッチ・イメージングが開発した「TK-9 アースウォッチ」センサーのファイアーバードへの統合と試験も含まれており、統合と試験は1日で完了している。

TK-9 アースウォッチには柔軟性に富むAI対応の自動画像処理エンジンが組み込まれており、自然災害の緊急管理、国境警備、大規模なインフラストラクチャーの検査など、ファイアーバードを新しい環境での新しい役割に迅速に対応させることができる。

ノースロップ・グラマンで自律システム担当バイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャーを務めるジェーン・ビショップ氏は「この飛行では迅速にセンサーを統合し、ファイヤーバードの運用上の柔軟性を利用してシス テム特有の機能を実証しました。またファイヤーバードの通信スイートとデータ処理能力を活用して、顧客をノースロップ・グラマンのバーチャルフィードに接続し、飛行の状況をリアルタイムでご覧いただきました」とのコメントを発表している。