エアバス、自律タキシング・離着陸実験プロジェクト「ATTOL」を完了

(画像:Airbus)

エアバスは6月29日、 画像認識装置を利用して自動タキシング、自動離着陸を行なう実験プロジェクト「ATTOL」(Autonomous Taxi, Take- Off & Landing)を完了したと発表した。

エアバスは2年にわたる実験期間中に500回以上のフライトを実施しており、このうち約450回の飛行を生映像データの収集とアルゴリズムの微調整とサポートに充て、6回実施した自律試験では5回の自動離着陸を行なった。これによりエアバスは航空業界で世界初の画像認識装置を利用した自動タキシングと離着陸に成功した企業となった。

ATTOLは研究機関であるエアバス・アップネクスト(Airbus UpNext)の指揮の下、エアバスやエアバス・ディフェンス・アンド・スペース、エイキューブド、エアバ ス・チャイナ、フランス国立航空宇宙研究所(ONERA)の様々な部門や部署の技術者から成るグローバルチームによって、機械学習アルゴリズムやデータラベル付け、データ・プロセシング、モデル生成の自動ツールといった自律技術によって、パイロットの 飛行作業の軽減やより戦略的な決断、任務遂行をサポートする可能性を探求することを目的に行なわれた。

エアバスはATTOKの成功によって、航空機の安全性向上と未来の航空機運用の発展につながる技術分析が可能になるとしており、今後も自律技術の研究を継続する方針を示している。