陸自、「汎用軽機動車」の評価試験を水陸機動団で実施

水陸機動団で評価試験が行なわれている「汎用軽機動車」(写真:陸上幕僚監部提供)

陸上自衛隊はV-22オスプレイに搭載する軽車輌として、川崎重工業製のATV(All Terrain Vehicle:全地形対応車輌)をベースとする「汎用軽機動車」の評価試験を行なっている事が、本サイトの取材によりわかった。

評価試験に使用されているのは川崎重工業の民間向けATV「MULE PRO-FXT(EPS)」の、道路運送車両法に適合した国内向けモデルで、航空機搭載用の固縛フックが追加されている。

側方から見た汎用軽機動車」(写真:陸上幕僚監部提供)

ベース車輌のMULE PRO-FXT(EPS)は重量990kg、全長3,450mm、全幅1,617mm、全高1,970mmの4輪駆動車。エンジンは出力35kw、水冷4ストローク直列3気筒のガソリンエンジンを使用している。燃料タンク容量は30リットル、最大速度は時速72km、最小旋回半径4.8m、乗員4名、最大ペイロードは354kg(乗員4名時)、最大牽引質量907kg。

同シリーズの「MULE PRO-FX(EPS)」は、大手消防車メーカー株式会社モリタから高い機動性や悪路における走破性などが評価され、同社の新型小型消防車「Red Ladybug」(※)のベース車輌としても採用されている。

[DESI JAPAN」で展示された「MULE PRO-FXT(EPS)」

陸上自衛隊は6輌を7,743万6千円(契約単価1,220万6,000円)で調達。陸上自衛隊は水陸機動団への配備を念頭に置き、現在同団で評価試験を行なっている。

https://www.morita119.jp/fire_engine/special/redladybug/