ボーイング、アメリカ海軍とP-8A哨戒機18機の製造契約を締結

18機の製造契約が締結されたP-8A(写真:Boeing)

ボーイングは3月30日、アメリカ海軍との間でP-8Aポセイドン洋上哨戒機18機の製造契約を締結したと発表した。

契約総額は15億ドル。18機の内訳はアメリカ海軍向け8機、FMS(対外有償軍事援助)を利用して取得するニュージーランド空軍向け4機と韓国海軍向け6機で、ニュージーランド空軍は2022年から、韓国海軍は2023年からそれぞれ受領を開始する予定となっている。