三菱重工業、H-ⅡBロケット最終号機のコア機体を出荷

H-ⅡBロケット9号機のコア機体(写真:三菱重工業)

三菱重工業は3月17日、H-ⅡBロケットの最終号機(9号機)のコア機体を、同社の名古屋航空宇宙システム製作所の飛島工場から、種子島宇宙センターに向けて出荷した。

H-ⅡBロケットはH-ⅡAロケットの技術をベースに、推進力の増強や搭載する衛星を保護するフェアリングの大型化などで輸送力の大幅な増強を実現した日本の基幹ロケットで、国際宇宙ステーションへの物資輸送手段である補給機「こうのとり」の打ち上げを担ってきた。

三菱重工業の飛島工場はH-ⅡBの組み立て、儀装、機能試験を担当しており、2009年2月の初号機出荷から11年間に渡って9基のH-ⅡBを送り出し、1~8号機はいずれも打ち上げに成功している。

船積みされるH-ⅡBロケット9号期のコア機体(写真:三菱重工業)