エアバス・ヘリコプターズ、H135の代替重量改良を発表

代替重量が改良されるH135(写真:Airbus Helicopters)

エアバス・ヘリコプターズは2月6日、同社の双発ヘリコプターH135の代替重量(Alternate Gross Weight –AGW)が改良されると発表した。

有視界飛行と計器飛行に対応できる新しいAGWにより、H135は離陸重量と有効搭載量がそれぞれ120㎏増加しており、エアバス・ヘリコプターズは改良により標準条件下で航続距離を最大75海里、飛行時間を最大40分間延伸できるとしている。改良に伴う部品寿命の変動や追加検査は発生せず、直接運航費と整備費にも変わりはない。

新しいAGWは2020年内のヨーロッパ航空安全機関(EASA)とアメリカ連邦航空局の認証を受ける予定となっており、ヘリオニクスを装備するH135 に採用することが出来る。