ベルとボーイング、CMV-22Bの初飛行を発表

初飛行したCMV-22B(写真:Boeing)

ベルとボーイングは1月21日、ベルのアマリロ施設でV-22の空母艦載機型「CMV-22」が初飛行したと公式に発表した。

CMV-22はアメリカ海軍が現在運用している固定翼輸送機C-2A「グレイハウンド」の後継機として開発が進められている。

燃料タンクの大型化により、アメリカ海兵隊が運用しているMV-22Bや、アメリカ空軍が運用しているCV-22Bに比べて航続距離が延伸しており、また外装式の燃料タンクを装着して、他の航空機への空中給油を行なうことも計画されている。貨物搭載量もC-2Aに比べて増加しており、F-35が搭載するF135ターボファン・エンジンの主要コンポーネントの搭載能力も持つ。

アメリカ海軍は44機の調達を計画しており、ベルとボーイングは2020年初頭に、アメリカ海軍の第21試験評価飛行隊へ、最初のCMV-22を引き渡すと発表している。