アメリカ海軍、原子力空母「ジョン・F・ケネディ」の命名式典を実施

出渠する「ジョン・F・ケネディ」(写真:Huntington Ingalls Industries)

アメリカ海軍は2019年12月7日、バージニア州のニューポートニューズ造船所で、ジェラルド・R・フォード級空母の2番艦「ジョン・F・ケネディ」の命名式を開催した。

ネームプレートでスパークリングワインのボトルを割る儀式を行ったキャロライン・ケネディ元駐日大使(写真:Huntington Ingalls Industries)

式典には、空母の名前の由来となったジョン・F・ケネディ元大統領の長女であるキャロライン・ケネディ元駐日大使が出席。船を清めるためにスパークリングワインのボトルを船体のネームプレートで割る伝統の行事を行った。

「ジョン・F・ケネディ」は今後艤装工事を継続し、2024年ごろにニミッツ級原子力空母の1番艦「ニミッツ」と交替する形で、アメリカ海軍に就役する予定となっている。