ヒュンダイロテム、次世代戦車のコンセプトをADEXで発表

ヒュンダイロテムが展示した次世代戦車のコンセプトモデル

韓国のヒュンダイロテムはADEX2019で、現在韓国陸軍が導入を進めている「K2」戦車の後継として、20年後の実用化を目指す次世代戦車のコンセプトモデルを発表した。

次世代戦車は戦闘重量30~40tで、同社は軽量で強度の高い素材を用いた複合装甲によって、軽量化と高い防御力を両立するとしている。

車体はセンサーおよび肉眼からの被発見性を低減したデザインが採用されており、乗員はK2(3名)より1名少ない2名。複数のセンサーを組み合わせて360度の全周監視を可能とするシステムやIED(即席爆発物)対策システムの搭載も盛り込まれている。

主砲は130mm砲、路上最大速度は80km/h、不整地での最大速度は60km/h、最大航続距離は500kmを想定している。