MQ-25無人空中給油機の試験機が初飛行

初飛行を行なったMQ-25の飛行試験機「T1」(写真:Boeing)

ボーイングとアメリカ海軍は9月19日、アメリカ海軍が空母艦載無人空中給油機として採用したMQ-25「スティングレイ」の飛行試験機「T1」が初飛行したと発表した。

初飛行はボーイングの軍用機開発部門の拠点が所在するイリノイ州のセントルイスの、ミッドアメリカセントルイス空港で行なわれた。

T1はボーイングのテストパイロットによる管制の下、タキシングと離陸を自動で行なった後、所定のルートを2時間自律飛行し、無事に初飛行を完了。その間航空機の基本的な飛行性能と地上管制ステーションからの運用の検証が行なわれた。

ボーイングの所有機であるT1は、2018年8月に同社がアメリカ海軍から4機の製造を受注したMQ-25のエンジニアリング開発モデルの前身となる機体で、2019年9月にFAA(アメリカ連邦航空局)から、実験航空機としての耐空証明を取得している。

ボーイングはT1による飛行試験を継続し、MQ-25の主要なシステムとソフトウェアの開発を加速させる方針を示している。