カナダのアトキンス、モジュラー設計の新練習機の特許を出願

アトキンスとAERALISが共同で開発を進めている新型練習機のモックアップ(写真:AERALIS)

カナダ最大のエンジニアリング企業、SNCラバリンのグループ企業であるアトキンスは、航空機の設計及び製造を手かげているAERALISと協力して開発を進めているモジュラー設計の新型ジェット練習機の特許を出願していることを明らかにした。

新型練習機は共通の胴体に異なる形状の翼と異なるエンジンを組み合わせたベーシックトレーナー(基本練習機)とアドバンスドトレーナー(高等練習機)の2種類で、部品の約85%が共通化されており、アトキンスはこれにより従来のフライトトレーニングシステムより運用コストを30%低減できるとしている。

開発スケジュールについては明らかにされていないが、アトキンスはAERALISがタレスと協力して、新型練習機のシミュレーターの開発に着手していることを明らかにしている。