新政府専用機、ボーイングB777-300ERに決定

新政府専用機に決定したボーイング777-300ER

新政府専用機に決定したボーイング777-300ER

 

8月12日、防衛省、内閣府など政府の関係各機関によって構成される政府専用機検討委員会は、現用のボーイングB747-400を代替する新政府専用機に、ANAホールディングスが提案したボーイングB777-300ERを選定したと発表した。

日本航空も同じB777-300ERを提案していたが、後方支援や教育訓練、価格、納期などを含めた総合評価でANAホールディングスが日本航空を上回ったことから、今回の決定となった。なお、これにより導入されるB777-300ERの重整備は、ANA(全日本空輸)が担当することになる。(写真:Boeing)