ボーイング、777型機による「エコデモンストレーター・プログラム」試験を今秋から開始

「エコデモンストレーター・プログラム」の試験に供される777型機(写真:Boeing)

ボーイングは7 月 1 日、 次世代情報技術や最先端のカメラ等を搭載した 777型機の飛行試験を今秋にも実施すると発表した。

この飛行試験は、航空機の安全性、環境性能、そして客室内の快適性の向上を実現するため、さまざまな新しい技術を航空機に搭載し、飛行しながら実験を行う「ボーイング・エコデモンストレータ―・プログラム」の一環として行われる。

飛行試験は航空交通管制、操縦席、航空会社のオペレーションセンター間でのデジタル情報共有技術や、次世代情報技術を使用する電子化フライトバッグアプリケーション、客室内の温度と湿度を絶えずモニターして自動的に快適なレベルへと調整するコネクテッド・キャビン、最新のカメラを搭載してより多くの乗客が機外の景色を楽しめるようにする取り組みなど、50項目から構成されている。

飛行試験はアメリカ国内のほか、シアトルからドイツのフランクフルトまでのフライトも予定されており、CO2排出を削減するため、飛行試験の大部分を持続可能な燃料によってまかなう方針も明らかにされている。

エコデモンストレータ―・プログラムの飛行試験は 2012年より行なわれており、これまでに737-800 型機、787-8 型機、757 型機、777 型貨物機、エンブラエルE170 型機が試験機として使用され、2018 年までに延べ 112 種類の試験が行なわれており、777Xに搭載されるパイロットが地上障害物を避ける際に使用するカメラシステムなどが実用化されている。