ラファエル、対魚雷ハードキルシステム「トーバスター」をIMDEXに出展

音響ホーミング魚雷データベースを内蔵する「トーバスター」

イスラエルのラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズはIMDEX ASIA 2019に、音響ホーミング魚雷に対するハードキルシステム「トーバスター」(TORBUSTER)を出展した。

トーバスターは同社が開発した対魚雷デコイ「スカッター」(SCUTTER)と同様に、魚雷の音響データベースを備えている。

水上艦艇または潜水艦から発射されたトーバスターは、センサーが捉えた魚雷の特性をデータベースと照合して最も有効な欺瞞音波を発信。安全な距離まで魚雷を誘導した後、自ら爆発して魚雷を無力化する。