中国のCJAIE、IDEXに3種の小火器を出展

9mmパラベラム弾を使用するサブマシンガンの「CS/LS7」

中国のCJAIE(China Jing An & Import Corporation)はIDEX2019に3種類の小火器を出展した。

CS/LS7は9mmパラベラム弾を使用するサブマシンガン(短機関銃)。重量2.8kg、全長490mm(ストック伸張時690mm)、発射方式は単発、連発の切り替えで、マガジンは装弾数20/30発。最大射程は200m。製品寿命は最大10,000発。

7.62×51mmNATO弾を使用する狙撃銃「CS/LR4A」

CS/LR4Aは7.62×51mmNATO弾を使用するボルトアクション式の狙撃銃。重量6kg、全長1,150mm、マガジン装弾数は5発。命中精度は300mで8.7cm、800mで23.2cm。

CS/LM12は7.62×51mmNATO弾を使用するガトリングガン。重量90kg、初速は845m/s、有効射程は1,000m、発射速度は毎分2,400~6,000発、装弾数1,000発。仰俯角は-45~+60度で、製品寿命は最大60,000発。

7.62×51mmNATO弾を使用するガトリングガン「CS/LM12」