エアバス、韓国空軍にA330-MRTTの初号機を正式納入

韓国空軍に正式納入されたA330-MRTTの初号機(写真:Airbus)

エアバスは2019年1月30日、韓国空軍がA330-MRTT空中給油・輸送機の初号機を正式納入したと発表した。

A330-MRTTの初号機は2018年11月に改修作業が実施されたスペインのヘタフェから、カナダのバンクーバーを経由して韓国の釜山にフェリーされ、同月から韓国空軍の金海基地で引き渡しに向けた最終試験が行われていた。
韓国空軍のA330-MRTTは2018年9月にシンガポール空軍に納入された機体と同様、機体構造の変更による空力の改善により、燃料消費量がシンガポール空軍機以前に製造A330-MRTTに比べて1%低減しているほか、A330の旅客機型のアップグレードの反映や、軍用アビオニクスのアップグレードといった改良が施されている。
A330-MRTTは韓国を含めて7ヵ国の空軍に導入されており、今回韓国空軍に引き渡された機体は通算35機目となる。