ボーイングの電動垂直離着陸試験機、初の飛行試験を実施

初飛行試験に成功したボーイングの電動垂直離着陸機(写真:Boeing)

ボーイングは1月22日、バージニア州マナサスで、電動有人試験機の初飛行試験を実施した。

ボーイングの子会社であるオーロラ・フライト・サイエンシズが設計・開発した、長さ 9.14 m、幅 8.53mのVTOL(垂直離着陸)型電動有人試験機は、垂直離陸後そのままの状態で空中に浮揚した後、無事に垂直着陸。機体の自律機能と地上制御システムの状態も確認された。

ボーイングのグレッグ・ハイスロップ チーフ・テクノロジー・オフィサー(CTO)は今回の飛行試験の成功を受けて「私たちは、わずか一年で、コンセプト設計から実際に飛行する試験機を作りました。世界で最も安全かつ最も効率的な輸送手段としての航空輸送の開発には、ボーイングの知識とイノベーションは欠かせません。今後も、新しい空の輸送ソリューションのため、ボーイングは、安全を第一に航空業界を牽引していきます」とのコメントを発表している。

都市間における空の革新的な移動手段を提唱するボーイングの新しい部署、ボーイング・ネクストは、オーロラ・フライト・サイエンシズを活用して、まったく新しいオンデマンド型の空の輸送手段の実現を目指しており、今後も安全性と信頼性を確立するために、引き続き電動垂直離着陸機の飛行試験を実施するとしている。

今後の飛行試験には、垂直離陸から前進飛行への移行、さらには固定翼を使った前進飛行が含まれており、ボーイングは前進飛行への移行から固定翼を使った全身飛行が、技術的に最も重要な関門となるとの見解を示している。

ボーイング・ネクストは最大227kgまでの貨物を輸送できる電動無人貨物機の開発も進めており、電動無人貨物機の試験機は2018年に屋内での初飛行試験を実施。2019年には屋外での飛行試験が計画されている。

2018年のファンボロー・エアショーで展示された電動無人貨物機の模型