ラインメタルとBAE、イギリスにおける戦闘車輌合弁企業の設立に合意

ラインメタルBAEシステムズランドが製造する「ボクサー」(写真:BAE SYSTEMS)

ラインメタルとBAEシステムズは1月21日、イギリスで軍用車両の設計・製造を行なう合弁企業の設立で合意し、設立合意書に署名を行なったと発表した。また両社は当局の承認後、合弁企業の社名が「ラインメタルBAEシステムズランド」となる事も明らかにしている。

ラインメタルBAEシステムズランドは陸上装備品の開発・製造拠点が置かれているイギリスのテルフォードに本社を置く予定で、両者は400名以上の雇用が維持されるとしている

ラインメタルBAEシステムズランドの本社が置かれるBAEシステムズのテルフォード施設(写真:BAE SYSTEMS)

ラインメタルBAEシステムズは、イギリス陸軍の機械化歩兵車輌(MIV)に選定された装輪装甲車「ボクサー」の製造と、ボクサーを含めたイギリス陸軍の車輌のサポートに加えて、ラインメタル、BAEシステムズの両社は将来の戦闘車輌プログラムも手がけていく方針を明らかにしている。