エアバス、アラバマ州のA220製造工場を起工

2019年第3四半期からアメリカ国内でも製造が開始されるA220-300(写真:Airbus)

エアバスは 1月16日、アメリカでの需要拡大に対応するためにアラバマ州モビールに建設される、A220 の製造工場の起工式を実施。起工式にはエアバスのトム・エンダース最高経営責任者、ギヨム・フォーリ 民間航空機部門社長、エアバス従業員や業界関係者、州、政府高官など約 700 人が出席した。

エアバスにとってアメリカでの2つ目の民間航空機製造工場となる A220 の工場は、A320 ファミリーの最終組立工場に隣接する、モビール・ブルックリー・エアロプレックスに建設される。

新工場はアメリカのエアライン向けのA220-100 と A220-300 の組立を行い、2019 年第 3 四半期の製造開始、2020 年の初号機引渡しを予定している。