ボーイング、中国の最終仕上げ・引渡しセンターから737MAXを初納入

舟山市の737の最終仕上げ・引渡しセンターから中国国際航空に引き渡された737MAX(写真:Boeing)

ボーイングと合弁パートナーの中国商用飛機は(COMAC)12月15日、浙江省舟山市に新設された737の最終仕上げ・引渡しセンターから、中国国際航空に737MAXを初納入したと発表した。

40 万㎡の敷地に建設された 737 型機最終仕上げ・引き渡しセンターは、浙江省と舟山市の協力の下建設されたもので、ボーイングが同種施設をアメリカ国外に設けた初の事例となる。

今後中国の航空会社に納入される 737 MAX はシアトルから舟山へ飛行し、ボーイングCOMAC の合弁事業である最終仕上げセンターで内装作業が行われる。同センターの業務内容は今後順次拡大する予定で、3つの塗装ハンガーを 増設後が塗装作業も行なう。仕上げが完了した航空機は隣接するボーイングの引き渡しセンターに移動され、受入検査や納入手続きが実施される。

40万㎡の敷地に建設された舟山市の最終仕上げ・引渡しセンターと737MAX(写真:Boeing)

ボーイング民間航空機部門社長兼 CEO であるケビン マカリスター氏は、「半世紀近くにわたる中国とのパートナーシップがますます発展していることを象徴する日になりました。中国の政府、航空会社、航空業界のパートナー企業の皆様との長年にわたる関係、そして皆様からのボーイングに対する信頼を誇りに思います」とのコメントを発表。

またCOMAC 総経理の趙越譲氏は「ボーイングが舟山から 737 MAX を初納入したことを喜ばしく思っています。中国での存在感を強め、米中両航空機メーカーの提携によって時代を切り開きながら中国航空産業の成長を支援する、というボーイングの取り組みにおいて、重要なマイルストーンを達成したと言えます」と述べている。