エアバス、A350-900ULRの初号機をシンガポール航空に納入

シンガポール航空に納入されたA350-900ULRの初号機(写真:Airbus)

エアバスは 9月22 日、シンガポール航空にA350XWBの超長距離型、「A350-900ULR(Ultra-Long-Range)」の初号機を引き渡したと発表した。

A350-900ULRは燃料搭載量をA350-900より 24,000 リットル多い165,000 リットルに増加させたほか、ウイングレットの延長などの空力技術の改良を施したことにより、最大9,700海里の航続距離、または20時間以上のノンストップ飛行を実現している。

シンガポール航空はA350-900ULRを7機発注しており、初号機は10月11日から、シンガポールとニューヨークを結ぶ路線で運航される予定で。平均飛行時間 18 時間 45 分のシンガポールとニューヨークを結ぶ路線は、旅客機による商業飛行路線で最も長い運航距離となる。

なお同社はシンガポールとニューヨークを結ぶ路線に続き、シンガポールとロサンゼルス、シンガポールとサンフランシスコを結ぶ路線にも、A350-900ULRを投入する計画を発表している。