エアバスとボンバルディア「Cシリーズ」のパートナーシップ、7月1日に成立

エアバスのA320(左)とボンバルディアのCS300(写真:Airbus)

エアバスとボンバルディアは6月8 日、両社とケベック州投資公社(IQ)による、ボンバルディアの単通路型旅客機「C シリーズ」プログラムのパートナーシップが、2018 年7 月1 日に成立すると発表した。

エアバスは「C Series Aircraft Limited Partnership」(CSALP)の株式を過半数取得しし、ボンバルディアとIQ が結んでいたパートナーシップに、エアバスのグローバルな活動範囲と規模、調達、販売、マーケティング、製造に関する専門知識が結合される。

ボンバルディアはCSALP に対する既存の出資計画を維持。同社が2018 年後半には最大2 億2,500 万ドル、2019 年には最大3 億5,000 万ドル、その後2 年で最大合計3 億5,000 万ドルの資金をCSALPに出資する、新たな出資計画も発表された。

CSALPの本社とCシリーズの主要生産ライン、関連施設はケベック州のミラベルに置かれるが、エアバスはアメリカのアラバマ州にCシリーズの第2の最終組み立てラインを設置して、アメリカ市場での販路を拡大する方針も明らかにしている。