KC-46A、FAAのSTC取得飛行試験を完了

F/A-18への給油試験を行なうKC-46A(写真:Boeing)

ボーイングは4月26日、KC-46Aペガサス空中給油/輸送機がFAA(アメリカ連邦航空局)から追加型式設計承認(STC/Supplemental Type Certificate)を取得するための飛行試験を完了したと発表した。

STCを取得するための飛行試験では、フライングブーム、プローブ・アンド・ドローグ両方式の空中給油機能の検証のほか、KC-135、KC-10、別のKC-46AによるKC-46Aへの空中給油試験、夜間空中給油試験などが実施され、最後の飛行試験ではボーイングのC-17グローブマスターⅢ輸送機への給油が行なわれた。

アメリカ空軍は179機、航空自衛隊は3機のKC-46Aの導入を計画しており、2018年4月の時点でアメリカ空軍は34機、防衛省は2機をそれぞれ予算化している。