エアバスA350ULRが初飛行

初飛行したA350-900ULR(写真:Airbus)

エアバスは4月23日、A350XWBの超長距離型、「A350ULR」(Ultra Long Range)の初号機(MSN216)の初飛行を行なったと発表した。

A350-900をベースとするA350ULRは燃料タンクを追加することなく、燃料容量を2万4,000リットルまで増やす改良型燃料システムや拡張型ウィングレットの空力効果などにより、航続距離を9,700海里にまで延伸するモデルで、2018年4月の時点でシンガポール航空から7機の受注を獲得している。

シンガポール航空への就航は2018年後半が予定されており、同社はシンガポール~ニューヨーク便をはじめとする、シンガポールとアメリカを結ぶ長距離便に、A350ULRを投入する計画を発表している。