IAI、対砲兵レーダーをユーロサトリに出展

news_070203

イスラエルのIAI(イスラエル・アエロスペース・インダストリーズ)はユーロサトリの会場で、軽量な戦術用C-RAM(Counter-Rocket,-Artilleryand-Mortar:対ロケット・砲兵・迫撃砲)レーダー・システムのELM-2138M「グリーンロック」を展示した。
グリーンロックは敵のロケット弾、砲弾、迫撃砲弾などを探知するだけではなく味方の誤攻撃に対する警告や弾着の修正なども行える。
レーダーはフェーズド・アレイ式で、複数の目標を同時にスキャンできる。探知距離は最大10kmで、探知角度は左右180度、仰角90度の範囲となっている。また目標識別能力も有している。
グリーンロックは軽車両にも搭載が可能とされており、ユーロサトリでは軽量のATV(汎地形車輛)に搭載して展示された。複数のグリーンロックをひとつの車輛に搭載すれば、より広い角度を探知することが可能となる。