レオナルドのUAV「ファルコ」、累計1万5,000作戦飛行時間を突破

累計飛行時間が1万5,000時間を突破した「ファルコ」UAV

イタリアのレオナルドは2月26日、UAE(アラブ首長国連邦)の首都アブダビで開催された無人航空機関連展示会「UMEX」の会場で、同社の偵察用中型固定翼UAV(無人航空機)の「ファルコ」が、1万5,000作戦飛行時間を突破したと発表した。

2003年に初飛行したファルコは、現在までに50機以上が製造されており、中東諸国や国連など5つの国と機関で運用されている。

またレオナルドはUMEXの会場で、同社が開発を進めている小型回転翼型UAV「AW HERO」の試作機による低速飛行試験が順調に推移しており、現在は飛行領域の拡大に入っているほか、試作機2機の製造に着手したことも明らかにしている。

レオナルドが開発を進めている回転翼型UAV「AW HERO」