第51回パリ航空ショーが開幕

ローンチカスタマーのANAに敬意を表してANA塗装を施して参加したMRJの飛行試験3号機

6月19日、2年に1度奇数年に開催される世界最大級の航空イベント「パリ航空ショー2017」が、フランスのパリ郊外のル・ブルジェ飛行場で開催された。

今回で51回目となるパリ航空ショーには、アメリカ国防総省がF-35AとCV-22を出展したほか、日本からも三菱航空機のMRJ(Mitsubishi Regeonal Jet)を、メジャーな航空ショーに初めて出展したほか、防衛装備庁も海上自衛隊の洋上哨戒機P-1、本田技研工業とホンダエアクラフトカンパニーが開発したビジネスジェット機の「ホンダジェット」が、パリ航空ショーに初めて出展するなど、これまでになく日本企業のプレゼンスが大きなショーとなった。

なおパリ航空ショーは6月25日まで開催される。

防衛装備庁が出展したP-1洋上哨戒機