エアバスA350-1000、初期長距離飛行試験を実施

初期長距離飛行試験を実施したA350-1000の試験機「MSN065」(写真:Airbus)

エアバスは5月12日、同社が開発を進めているワイドボディ旅客機A350-1000 が、初期長距離飛行試験を成功裏に終了したと発表した。

今回の飛行に使用されたのはテスト機の「MSN065」で、エアバスの飛行クルー10名と、ヴァージン アトランティック航空の客室乗務員 13 名を含む合計 310 名を乗せて5 月 11 日にフランスのトゥールーズを離陸。12時間に及ぶフライトの過程で、搭乗者は飛行中、空調や照明、防音環境、機内エンターテインメント、ギャレー、電気、化粧室、排水システムなどの客室システムの検査を行なっている。

初期長距離飛行試験は型式証明取得のためのテストプログラムには含まれない試験だが、飛行中の客室環境やシステムの状況を実際のフライトによって評価することで、航空会社による商業運航に向けた客室システムの手順や成熟度の最適化が可能となる。

なおA350-1000 の型式証明取得に向けた飛行テストプログラムは順調に進捗しており、初号機は 2017年後半に商業運航を開始する予定となっている。