レオナルド、AW139のVIP仕様機を日本から初受注

日本の顧客から初の受注を獲得したAW139のVIP仕様機(写真:Leonardo)

レオナルドは3月8日、テキサス州ダラスで開催されているヘリエキスポで、日本の顧客からは初となるAW139のVIP仕様機を、匿名の顧客から受注したと発表した。この機体は2017年後半に納入される。

またレオナルドは同社のヘリコプターが160機近く日本で受注を獲得し、既に120機近くが納入された事も明らかにしている。

納入済みの機体のうち4機は東京消防庁、札幌市消防局、三重県、栃木県の防災航空隊向けのAW139で、2機は既に顧客の要望に応じた改修作業を完了。残る2機も改修作業が順調jに進んでおり、近日中に日本代理店の三井物産エアロスペースを通じて引き渡される予定になっている。