中国のリアンジ・パワー、ATV「ランサー」をIDEXに出展

乗員3名のLZ-800-7

中国のリアンジ・パワー(Liangzi Power)は軍用ATV(全地形対応車輌)LZ800シリーズの新型車輌「ランサー」を、IDEX2017に出展した。同社は1人乗りのLZ840-1、4人乗りのLZ800-4などのATVをすでに開発してきた。また自社でエンジンも開発しており、2016年から公官庁や軍用分野に進出している
ランサーLZ800シリーズは乗員3名のLZ800-7と乗員6名のLZ800-8によって構成されており、両タイプとも3名並列席のレイアウトを採用している。

パワープラントは排気量800ccのガソリンエンジン(1000ccのガソリンエンジンまたはディーゼルエンジンも選択可能)で、最大速度は100km/h。座席後部はカーゴスペースになっており、電動式の荷台を傾けて積み卸しができる。また前部のエンジンルーム上部にも荷物が搭載できる。

座席右側には機銃用のマウント、ロールバー上部には左右2基ずつの発煙弾発射筒がそれぞれ装備されており、車体前面にはリモコン式のウインチとヘリコプターで懸吊するためのスリング用フックも装備されている。

リアンジ・パワーはLZ800シリーズの用途として、軍及び警察の強襲用車輌、空挺車輌などを想定している。