MRJ飛行試験2号機、アメリカへ到着

グラント・カウンティ国際空港に到着したMRJの飛行試験2号機(写真:三菱航空機)

三菱航空機は12月20日、MRJの飛行試験2号機が、アメリカ・ワシントン州のグラント・カウンティ国際空港に到着したと発表した。

14日に県営名古屋空港を出発したMRJ飛行試験2号機は、グアム国際空港、マーシャル諸島のメジュロ国際空港、ホノルル国際空港、サンノゼ国際空港を経由してグラント・カウンティ国際空港に到着。総フライト距離は14,000km、総飛行時間は20時間10分と発表されている。

グラント・カウンティ国際空港には、MRJのアメリカにおける飛行試験の拠点が置かれており、既に2機の飛行試験機が飛行試験を開始している。三菱航空機は最終的に4機の飛行試験機をアメリカに送り、型式証明の取得に向けた飛行試験進める方針を明らかにしている。

モーゼス・レイク国際空港に並んだ3機のMRJ飛行試験機(写真:三菱航空機)