中国のNORINCO、アフリカ大陸での戦車セールスを拡大

NORINCOが出展したVT4戦車の模型

NORINCOが出展したVT4戦車の模型

中国のNORINCO(北方工業公司)は9 月に南アフリカで開催されたAAD2016(Africa Aerospace and Defence)の会場で、VT4戦車の模型を出展した。

これまでMBT-3000と呼ばれていたVT4は戦闘重量52t、主武装には自動装填装置付で、レーザー誘導型のGP7対戦車ミサイルの発射も可能な国産の125mm滑腔砲が採用されている。火器管制装置はハンター・キラー能力を備えており、GPSナビゲーションシステムや乗員用のクーラー、NBC防護システムも備える。

パワープラントは1,200馬力のディーゼルエンジンで、ハイドロ・メカニカル方式のCh1000Bオートマチックトランスミッションと組み合わされている。パワー・ウェイト・レシオは25.0/t、最大速度は時70km/h(不整地の平均的な速度は35~40km・h)、登坂力は60%、航続距離は500kmと発表されている。

増加装甲パッケージはパッシブのアドバンスド・アーマーとERA(Explosive Reactive Armour:爆発反応装甲)が車体及び砲塔前部、スラットアーマーが砲塔後部などにそれぞれ装着されている。

VT4は既にタイで採用されているが、ノリンコはAAD2016での展示を機に、アフリカ大陸でもセールス拡大を狙っている。

NORINCOは新型の戦車輸送車輌「60THET」の模型もっ出展した

NORINCOは新型の戦車輸送車輌「60THET」の模型もっ出展した