エアバス・ヘリコプターズ、ヒラタ学園からH145/BK-117D-2を受注

契約締結セレモニーに出席したヒラタ学園の平田光弘航空事業本部長(左)とエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのギヨム・ルブラン営業本部長

契約締結セレモニーに出席したヒラタ学園の平田光弘航空事業本部長(左)とエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのギヨム・ルブランス営業本部長

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは10月14日、2016年国際航空宇宙展(JA2016)の会場で、ヒラタ学園からH145/BK117D-2を2機受注したことを発表。エアバス・グループのブースで契約締結記念セレモニーを実施した。H145/BK117D-2の国内での受注は今回は初となる。機体の引き渡しは2017年からを予定しており、2機ともドクターヘリ(救急医療サービス)として運用される。

H145/BK117D-2はエアバス・ヘリコプターズの前身の一つであるメッサーシュミット・ベルコウ(MBB)が共同開発したBK117の最新改良型。BK117の日本国内でのセールスはこれまで川崎重工が単独で行なってきたが、販路をさらに拡大するため、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンをH145/BK117D-2の販売・サポート代理店に指定したことが、13日に川崎重工から発表されていた。

JA2016の川崎重工ブースに展示されたH145/BK117D-2

JA2016の川崎重工ブースに展示されたH145/BK117D-2

契約締結セレモニーに出席したヒラタ学園の平田光弘航空事業本部本部長は、今回発注した2機のH145/BK117D-2がドクターヘリとして運用される事を明らかにした上で、同学園がH135とH125の運用により、エアバス・ヘリコプターズの機体とサポート体制に高い信頼を寄せている事に加え、1機目の運用先となる予定の長崎県のドクターヘリの従事者からも導入を望む声があったことも、H145/BK117D-2を導入する決め手となったと述べている。

なおエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンはJA2016の会期中に、福岡市とAS365N3+(1機)、美樹観光からH125(1機)の発注契約を締結したことと、東邦航空に通算10機目のH125を納入したことも発表している。