ロッキード・マーティン、女子中高生向けSTEM教育プログラムを日本で開始

発表会にはプログラムに参加する女子生徒のほか、日本ロッキード・マーティンのチャック・ジョーンズ社長(後列中央)も出席した(写真:Lockheed Martin)

発表会にはプログラムに参加する女子生徒のほか、日本ロッキード・マーティンのチャック・ジョーンズ社長(後列中央)も出席した(写真:Lockheed Martin)

ロッキード・マーティンは10月14日、2016年国際航空宇宙展の会場で、日本における新たなSTEM(科学・技術・工学・数学)教育プログラム「Girls’ Rocketry Challenge(ガールズ・ロケットリー・チャレンジ(女子ロケットチャレンジ)」の開始を発表した。

同社は社会貢献事業費の約半分をSTEM教育に充てており、過去5年間で総額7,000万ドルを投資。アメリカ、シンガポール、インドなどでSTEM教育プログラムを実施しているが、日本の実施はガールズ・ロケットリー・チャレンジが初となる。

ガールズ・ロケットリー・チャレンジはモデルロケットの実践を通じて女子中高生のSTEMへの好奇心を刺激し、理工系キャリアに対する関心を喚起することを目的としており、恵泉女学園中学・高等学校(東京都世田谷区)、山脇学園中学校・高等学校(東京都港区)、およびかえつ有明中・高等学校(東京都江東区)の3校から17人が参加する。

参加者はモデルロケット4級ライセンスを取得し、オリジナルのモデルロケットを開発。今年12月に開催される中高生のための学会「サイエンスキャッスル」での中間発表を経て、2017年5月にJAXA筑波宇宙センターで開催が予定されているモデルロケット全国大会に出場する。

ガールズ・ロケットリー・チャレンジの発表会に出席したロッキード・マーティンの日本法人、日本ロッキード・マーティンのチャック・ジョーンズ社長はプログラムの開始にあたって、「ロッキード・マーティンは過去数十年にわたり日本との近しい関係を築いてきました。ガールズ・ロケットリー・地チャレンジを通して、日本社会との繋がりをさらに深められることを喜ばしく思います。STEM教育の発展には、産業と教育の密接なコラボレーションが不可欠です。パートナーの皆様との共同作業により、このプログラムを現実のものにすることを楽しみにしています。」とのコメントを発表している。