リッター&スターク、新型モジュラー式狙撃銃を発表

銃身と弾倉の交換により3種類の弾薬が使用できるMTR SX-1

銃身と弾倉の交換により3種類の弾薬が使用できるMTR SX-1

オーストリアのリッター&スタークはIWAアウトドアクラシックの会場で、新型のモジュラー式狙撃銃、MTR SX-1 を発表した。

MTR SX-1は銃身や弾倉などを変更することで、308Win弾、300Winマグナム弾、.338ラプアマグナム弾の使用が可能となっている。308Win弾仕様は全長1182.7mm、銃身長622.9mm、重量5.1kgで、装弾には5発または10発の箱型弾倉を使用する。

銃身の交換には工具を使用する必要が無く、銃身にはマッチグレードのフリーフローティングバレルが使用されている。またフレームには上下左右にかなり長めのピカニティ・レールが装備され、銃床は折りたたみ式となっている。