DSEIに日本パビリオンが出展

DSEIに出展した川崎重工業のブース

DSEIに出展した川崎重工業のブース

9月15日から18日にかけて、イギリスで開催された世界最大級の防衛装備・セキュリティ見本市「DSEI」に、日本企業がパビリオンの形で出展した。

2013年に開催された前回のDSEIでは、日本企業の出展は4社にとどまったが、今回は川崎重工業、NEC、三菱電機、東芝、富士重工業、藤倉航装、シンフォニア・テクノロジーの8社が出展した。このほか日本パビリオンとは別に富士通、パナソニック、YKK、キャノンなどの現地法人も、それぞれブースを出展している。

パナソニック現地法人のブース。「タフブック」などの展示が行なわれた

パナソニック現地法人のブース。「タフブック」などの展示が行なわれた

また今回のDSEIには防衛省もブースを出展し、そうりゅう型潜水艦の模型の展示を行なった。防衛省は今後、中小企業がこの種の見本市へ出展する際、経済面も含めた支援を検討している。

なお、2016年6月にパリで開催が予定されている防衛装備見本市「ユーロサトリ」にも日本パビリオンの出展が予定されている。