デルタ航空向けの改良型A330がロールアウト

デルタ航空の塗装が施された改良型A330(写真:Airbus)

デルタ航空の塗装が施された改良型A330(写真:Airbus)

エアバスは3月9日、最大離陸重量を242tに引き上げた、改良型のA330をロールアウトさせた。

改良型A330は航続距離が最大500海里延長され、また燃費効率も従来型のA330ceoに比べて最大2%向上する。
今回ロールアウトした機体はデルタ航空に引き渡されるもので、現時点ではエンジンが搭載されていないが、引き渡し前にCF6-80E1ターボファン・エンジンを搭載する。

改良型A330は1月12日に初飛行しており、今回ロールアウトした機体と初飛行した機体は、各種テストを重ねた後、2015年中にデルタ航空に引き渡される予定となっている。