カリマーSF、AI製狙撃用ライフルのキャリングシステムを発表

カリマーSFが出展した「マーベリック41」(写真右端)

カリマーSFが出展した「マーベリック41」(写真右端)

イギリスの個人装備ブランドであるカリマーSFは、ドイツのニュルンベルクで開催されているIWAアウトドアクラシック2015の会場で、イギリス軍に狙撃銃を供給しているアキュラシー・インターナショル(AI)の狙撃銃に対応する、モジュラー式ロードキャリングシステム「マーベリック41」を発表した。

マーベリック41の設計を担当したクレイング・ハリスン氏は、2009年アフガニスタンにおいてイギリス軍が支給したAI製ライフルで、2,475mの距離からタリバンの機銃手を狙撃して殺害し、遠距離狙撃の世界記録を作った人物で、商品名のマーベリック41は彼のコードネームに由来している。